日本語  English
                 
                   
ご挨拶

当社はITを通して豊かな社会実現に向けて貢献するという目的のもと、設立させて戴きました。

具体的にはIoT、AI等の先端技術分野及びPLM、CAD等の既存技術分野を活動範囲とすると共に、
双方の融合を図り、製造業、ヘルスケア業界を中心に全産業領域にて活動致します。

また、定年は設けず、1億総活躍社会の実現にも貢献致します。


メンバーは大手IT企業において、長年に渡り製造業向けITシステムの提案、構築、運用の実績を有する技術者及び営業経験者で構成されています。

また、ヘルスケア領域においては学識有識者、官民研究機関との協業も視野に入れて事業展開致します。

社名であるAAC(Ace of Advanced Connecting)はIoTの基本となるモノとモノを高度につなげる技術を指しており、ひいてはモノと人、先端技術と既存技術をつなぐ(融合する)などにより、先端技術分野で第一人者を目指すという思いのもと命名させて戴きました。

また、AIはIoTと関連性が深く、製造業の設計部門、生産部門での活用も進みつつあります。
当社は、これらIT先端技術をコーディネイトし、新たなQCD改善、新たな価値の創造などに取り組んで参ります。

皆さまのお役に立てるよう、AAC社員一同最大限尽力させて戴く所存です。
今後とも一層のお引き立てを賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。
                                                                                                                               
                                            2018年8月1日
                                           代表取締役 小林雄二




代表取締役の経歴
1979年
  ヤマハ発動機の子会社に入社し、ヤマハ発動機にて設計業務(工作機械、ダイキャスト金型)に従事 。
  

1984年

  伊藤忠データシステム入社(現在”伊藤忠テクノソリューションズ”(CTC))。 
  3次元CADCalma,I-DEAS,Pro/ENGINEER)2次元CAD(AdvenceCAD)使用したCAD/CAMのカスタマイズ、サポート、

  セールスエンジニア、営業、プロジェクトマネージャ。

 

2004年

  CTCを退職し、地元SI企業にて営業、プロジェクトマネージャ

 

2011

  内閣府モデル事業(就労支援事業)に参加

  CAD(Solidworks,AutoCAD-LT)人材育成に従事。

 

2018
  AAC株式会社 代表取締役に就任。

  

 

 

トップに戻る